サイトマップ

大手は安心金利

お金を借りるのであれば、聞いたことがないような金融機関よりも、大手の消費者金融や銀行の方が安全です。その理由の1つが金利です。貸金業法が改正されて、上限金利が20.0%まで引き下げられました。10万円超なら18.0%、100万円超なら15.0%を超える金利での貸し出しが禁止されています。

 

これによってカードローンを利用しても、かかる利息は大幅に下がりました。利息が少なくなった分、返済の負担が軽くなり、返済不能になるケースは少なくなりました。これによってカードローン利用者は利息の面で有利になりましたが、貸金業者、特に消費者金融は淘汰されていきました。金利が大幅に下がれば消費者金融の利益も下がります。

 

貸金業法で定められた上限金利を超えた利息は取れませんが、これは正規の貸金業者についての話です。今でも違法な金利で貸出しを行う闇金業者は存在しています。誰でも名前を知っている大手であれば、違法な金利で貸出しを行っていればすぐにばれてしまいます。

 

また、より低金利で利用がしたいのであれば、消費者金融よりも銀行の方が、金利が低めに設定されています。そのため、長期的に考えるならば銀行のカードローンの方が有利です。ただし、短期間で一度きりの利用などであれば、消費者金融で無利息期間のサービスを利用するなどの方法もあります。

 

銀行のカードローンを使うならなるべく手続きが面倒ではないところが良いので、口座開設も来店も不要となるオリックス銀行で初めて借りるカードローンに注目です。